引込線2015_広報物
チラシ [not yet]
ポスター [not yet]
角0封筒 [not yet]
洋長3封筒 [not yet]
デザイン:小沼宏之

----------
過去開催展情報
2013年展_website
2011年展_pix
        _website
2009年展_data
2008年展_data
「引込線」は、埼玉県所沢市に在住する数名のアーティストを発起人とした美術展です。2008年のプレ展より「所沢ビエンナーレ 引込線」として実施、2013年展以降「引込線」として開催する本展は今回で通算五回目となります。この展覧会の企画を考えはじめたゼロ年代初頭、2001.9.11が圧倒的なリアルを露呈させました。それは徹頭徹尾、物質的であり重力の支配する地上的できごとでしたが、日本においては、バーチャルな映像的世界としか実感できませんでした。美術の状況も大衆的バーチャルイメージが氾濫し、美術市場も不景気の煽りからそれらを積極的に取り上げました。これらの状況を批判しつつも、私達にも確固とした「表現論」があるわけではなく、批評の活性化こそが重要であるとの認識に至りました。そして状況に左右されない「発表現場」の確保が急務であると。そこで「世代を超えた作家、著述者、観者による交通の場を形成すること」を目的として2008年、本展を立ち上げました。あれから7年が経ちましたが、その間、2011.3.11東日本大地震、大津波、福島原発のメルトダウン、それらの物質的、物体的リアルの露呈を目の当たりにし、圧倒され、恐怖し、自然との意識関係の再構築を迫られました。私達の半身は、永久に自然に内接して在ると。それが直接作品や批評に影響するかどうかは、意見の分かれるところですが、バーチャルと現実の混在状態に楔を入れる契機となったのではないかと思います。
前回に引き続き本展会場となる旧所沢市立第2学校給食センターは、現在、災害時用緊急物資、機材の保管庫として使用されており、作品はそれら物資、機材と同居するかたちの展示となります。展覧会会期中には、ディスカッションの場「ゼミナール給食センター」を設け、ゲストや観者を交え議論を深めたいと思います。また、最終的には展示作品の図版、コメントと執筆者全員のテキスト及び、展覧会全体の記録を収めた書籍を出版します。

文責 引込線2015実行委員長 戸谷成雄



企画和名 引込線 2015
企画英名 railroad siding 2015
展覧会 展覧会期:2015年8月29日(土)~9月23日(水)※会期中無休
開場時間:午前10時〜午後5時
開催場所:旧所沢市立第2学校給食センター(埼玉県所沢市中富1862-1)
入場料金:無料
書籍 発行予定日:2015年10月下旬〜11月初旬
価格:2,500円(税抜き)
発行部数:1,000部
主催 引込線2015実行委員会
助成



三菱UFJ信託地域文化財団
協賛
後援
ホームページ http://hikikomisen.com/
SNS Twitter:hikikomisen Facebook:hikikomisen


参加美術作家(計21名) 石井友人、伊藤誠、遠藤利克、利部志穂、喜納洋平、構想計画所、篠崎英介、白川昌生、末永史尚、五月女哲平、多田佳那子、津田道子、土屋貴哉、戸田祥子、冨井大裕、戸谷成雄、中山正樹、保坂毅、水谷一、百瀬文、吉川陽一郎
参加執筆者(計22名) 阿部真弓、荒川徹、粟田大輔、石川卓磨、石崎尚、井上幸治、梅津元、OJUN、勝俣涼、住友文彦、高嶋晋一、高橋永二郎、田中功起、谷新、成相肇、能勢陽子、橋本聡、平井亮一、眞島竜男、桝田倫広、峯村敏明、森啓輔
※前山裕司氏は「引込線 2015」に執筆参加を予定していましたが、体調不良のためご辞退されることとなりました。


引込線2015実行委員会
実行委員長 戸谷成雄
実行委員 阿部真弓、石川卓磨、伊藤誠、遠藤利克、末永史尚、高嶋晋一、冨井大裕、中山正樹、前野智彦、水谷一、森啓輔
事務局 〒359-0038 埼玉県所沢市北秋津654-23
引込線2015実行委員会事務局 戸谷成雄
問合せ先 Eメール:info※hikikomisen.com
※をアットマークに変えて下さい/スパム防止


ロゴ、書籍、チラシのデザイン 小沼宏之
書籍の編集 櫻井拓
展示記録の撮影 加藤健
ホームページ制作・運営 水谷一